現在販売中の生体情報 (2021.9.11現在)

セキセイインコ*(2021.08.15生まれ)
コリンウズラ*(2021.02.03生まれ)
ナナクサインコ (レッド)(2018生まれ)
ビセイインコ(ノーマル)*(2019.10生まれ)


*印が付いている生体は「とりっぴーブリード」です

とりっぴーブリード

とりっぴーは小鳥ブリーダーとしても活動しています
のびのびとした小鳥部屋で自由に行き交い、小鳥同時のふれあいを通じて小鳥社会を学んでいます
繁殖が正業ではないので、無理に繁殖させることなく自然に繁殖して生まれた小鳥を販売しています

とりっぴーで雌雄ペアで暮らしている小鳥たち(カッコ内はこれまでに生まれた色、遺伝法則上生まれる可能性のある色)
・セキセイインコ(黄色ハルクイン、レインボー、ノーマル、他)
・サザナミインコ(コバルト、グリーン、ルチノー、他)
・マメルリハ(ノーマル、アルビノ、他)
・オカメインコ(ノーマル)
・アキクサインコ(ローズ、ルビノー、ルチノー)
・コザクラインコ(シーグリーン、他)
・ビセイインコ(ノーマル)
・ウロコインコ(ノーマル)
・キキョウインコ(レッドペリード)

一般生体販売

「鳥専門店」と言うと珍しい鳥たちをたくさん販売している、と思われがち
とりっぴーでは他とはちょっと違う生体販売を行っています。
一度の出会いから10年近く、鳥種によっては50年以上一緒に生活することになる鳥
その最高の出会いを提供するため、とりっぴーで販売している生体は「最高の1羽」として育てています

・手乗り生体は最大で10羽しかいません。
 犬猫などと比べ、鳥のヒナは自分でご飯が食べられないため全てヒトが与える必要があります。
 とりっぴーでは、たくさんの小鳥たちを同時に最高の状態で育てられる人員がいません。そのため、最大羽数を設けて常に小鳥たちについて育てられる環境にしています

ヒトとうまくやる、鳥ともうまくやる
 小さい頃からヒトに育てられていればヒト慣れしているのは当然。
 当店で販売する小鳥は鳥部屋にいる約40羽の小鳥たちともふれあいを通じて鳥社会を学び経験しています。
 いわば、鳥の幼稚園を卒業しています

・違った環境でもたくましく育つように
 それまでペットショップでは元気だったのに、お迎えして家に連れ帰ったらご飯も食べずに病気になった
 これ、よくある話です。いつもと違う環境に慣れず体調を崩しやすいのです
 当店の子たちはスタッフが不定期で自宅に連れ帰り、いつもと違う環境でもしっかり食事ができるよう慣れさせています

・第三者機関の動物病院でしっかり検査
 カンジダ症やメガバクテリア症など小鳥たちの感染症がブリーダーやペットシップなどで蔓延しています。
 小鳥たちの健康のため、飼い主様の安心のために販売する小鳥たちは全て鳥専門病院で健康診断を受診しています
 その際、連携動物病院ではなくあえて第三者の動物病院で厳しい目で健康チェックを受けています
 また、現在小鳥を飼育している方も安心してお迎えできるようにPBFD,BFD,鳥クラミジアのPCR遺伝子検査も実施済みです
 一般のペットシップやホームセンターなどでお迎えした場合でも、これらの検査は受けるべきと考えております。そのため、当店では販売している小鳥は販売前に検査を受け、安心してお迎えいただけるように努めています
 ※生体価格には健康診断費用\5,500、遺伝子検査費用\23,100円を考慮した金額となっています

・価格の目安
 上記のような理由から当店ではホームセンターのような価格で生体を販売することができません
 鳥種別による価格目安は以下の通りとなります。生体ですので”同じ子”というのは存在しません
 個々の性格、カラー、体調や健康状態、投薬の有無により価格は異なります

 セキセイインコ 19,800円~29,800円
 コザクラインコ 24,800円~39,800円
 オカメインコ  32,800円~49,800円
 ウロコインコ  59,800円~129,800円
 アキクサインコ 34,800円~59,800円
 マメルリハ   34,800円~59,800円
 ビセイインコ  34,800円~59,800円
 キキョウインコ 39,800円~59,800円
 ナナクサインコ 34,800円~59,800円
 


※生体完売直後や時期によって販売鳥が1羽もいないことがあります
※感染症防止の観点から一般卸からの小鳥のお取り寄せは基本的に行っておりません
個人ブリーダー様からの買い取りも行っています。当店での販売をご希望されるブリーダー様はこちらをご確認下さい